人気ブランド徹底比較!最高級メンズ財布比較サイト

TOP > 財布について > 男はどんな財布を持つのか

男はどんな財布を持つのか

 街を行く男性を見ていると、お洒落な人が本当に多くなったように感じられます。メタボリック症候群などで一時騒がれたお腹回りですが、そのお腹の出た人が非常に少なくなっていることに気が付きます。
 また若い人たちの身長が伸びたことも、お洒落が似合う時代にもなったのでしょう。そして彼らが持つ小物に対しても、拘りがあるように見えるのも、お洒落に気を使う人が増えたことでもあると言えるのでしょう。
 そこには、腕時計で財布と言うことになります。腕時計は、携帯電話・スマホの活用から必要ないと考える人もいるのですが、社会人となってはそれも困るものとなるのでしょう。
 最近では、高給腕時計を身につける若者が多くなりました。これも、お洒落に一環として見ることになるのでしょう。


 そして男の必需品として財布が、上げられます。学生時代からの財布に拘りを持ち、長く使用する人も多いのですが、今の時代は、仕事とプライベートに分けて使う人が多くなっています。 
 ですが社会人になった時、スーツを着用するなる人が多くなります。このスーツの時には、長財布と言われるものが活躍することになります。
 スーツの胸ポケットにキッチリ収まります。これが二つ折財布では、パンツの後ろポケットを利用することになり、見た目にスッキリするものではありません。
 仕事が出来る男性は、長財布を使うと言われることが、ここにあると言えるのでしょう。しかしデニムを着るような時には、二つ折で後ろポケットでも、全く違和感を感じることはありません。
 こんなことから、財布を使い分けるお洒落な男性が増えているのでしょう。


 そんなメンズ財布ですが、価格の相場はどの程度のものを使用しているのでしょう。仕事中に何気なく使うことになる財布ですが、あまり安価なものでも印象は良くないと考えます。
 社会人として元気に働く20代、30代男性は、3万円から5万円ほどの財布が人気と言われます。この価格帯になると、ブランド品を購入することも出来ますし、デザインも各種に渡って選ぶことが可能と言われます。
 落ち着いたものを選び、レザー使用が人気になっています。また、プライベートの時はこれほど高価なものは必要なく、高くても3万円程度と言われます。
 色も華やかなものでも良いわけですし、形にも拘りを持って選ぶのも良いでしょう。若い人は青系の財布、年代が上がると茶系の財布などに、そして材質には拘らないと言う感覚のものに人気が集まる傾向にあるようです。

次の記事へ

カテゴリー